チャーガの基礎知識

Ⅰチャーガとは

チャーガとは和名「樺のアナ茸」別名「シベリア霊芝」と呼ばれるキノコです。

霊芝(サルノコシカケ)に近い種類で、白樺やダケカンバなどのカバノキ科の幹に寄生します。

白樺の木2万本にたった1本しかないと言われ、丸1日探し回ってやっと1つ見つかる程度の希少価値の高い「幻のキノコ」です。

ヨーロッパ・ロシア・日本の北部地方・中国の東北地方・北米の一部の寒い地域に生息し、一般的にみられるようなキノコの傘は無く、黒いこぶのような形をしていて、外側は石炭のように硬くゴツゴツしています。

チャーガは寄生した木のエキスを吸いながら10~15年という長い年月をかけて成長していきます。

そして、最後には寄生した木を枯らしてしまうので、「ガンのようなキノコ」といわれることもあります。

Ⅱチャーガの研究

チャーガの産地では、胃腸に良い・ガンに効果があるとしてお茶や薬用酒にして飲まれていました。

民間薬として古くからその効果は認識されていましたが、本格的に研究され始めたのは1950年代以降です。

主にロシアで研究開発が進み、現在、ロシアでチャーガは、医療薬として臨床で使用され、ロシア赤十字社はチャーガを主成分とした抗がん剤を販売しています。

日本でもチャーガの研究は、1996年静岡大学故水野卓名誉教授グループに始まり、その後も各大学や機関で研究が進められています。

チャーガが寄生する白樺は、ロシアでは魔法の木とも言われ、樹液には多糖類・サポニン・アミノ酸・有機酸・ミネラルなどの有効成分が多く含まれています。

アミノ酸には体内で合成出来ない必須アミノ酸が豊富に含まれ、美肌効果が注目されています。

そのほか、ガンや高血圧の改善・抗ストレス・利尿・便秘・胃腸病・腫れ物など様々な効果があり、健康飲料や化粧品などに利用されています。

虫歯になりにくいことで知られている甘味料、キシリトールの原料も白樺の樹液から作られているのです。

チャーガには、これら白樺樹液の有効成分とキノコ本来の成分が、ぎっしり詰まっています。

Ⅲチャーガの成分

チャーガの成分は、タンパク質・脂肪・灰分・食物繊維・糖質・エルゴステロールやビ

タミン類・ミネラル類の他、フラボノイド・トリテルペイノイド・アルカロイド・プテリン・アガリチン酸・イノシトールなどが含まれています。

◆β‐D‐グルカン

免疫力が弱い人には免疫を強化し、免疫に異常がある人には抑制する働きがあります。

チャーガの多糖類には免疫力を高める作用のあるβ‐D‐グルカンが多く含まれています。

アガリクス茸のβグルカンは水溶性のみですが、チャーガは、水溶性のヘテβ‐D‐グルカン、不水溶性のホモβ‐D‐グルカンと2種類のβ‐D‐グルカンが含まれることがわかっています。

これは他のキノコにはあまりみられないもので、β‐D‐グルカンは他のキノコに比べて含有量が高く、天然のアガリクス茸の3〜4倍含まれています。

◆SOD様物質

抗酸化作用により活性酸素を抑制する働きを持っています。

私達の体の中には、有害な活性酸素を分解してくれる抗酸化物質が存在しています。

その代表的なものがSOD(スーパーオキサイドディスムターゼ)です。

チャーガには、このSODと同じような働きをするSOD様物質が含まれ、その抗酸化力はアガリクスの23倍にもなります。

◆食物繊維

チャーガには食物繊維(有害物質を対外に排出する働きがある栄養素)が豊富に含まれています。

以前は栄養が無いと思われていた食物繊維ですが、腸の働きを整えたり、コルステロール値を下げるなど、重要な働きがあります。

特にチャーガには、リグニン(ウイルスが増殖する時に使う酵素を抑える働きがある栄養素)という繊維が含まれ、ポリフェノール(抗酸化物質として作用し、生活習慣病の予防や発ガン性物質の活性を抑制する働きがある栄養素)を上回る抗菌・抗酸化作用・ウイルス抑制作用があります。

チャーガから抽出されたリグニンで、強いHIV(エイズ)ウイルス抑制作用がある事が報告されています。

◆その他の有効成分

①     イノシトール(肝臓に過剰な脂肪の蓄積を防止し、コルステロールの流れを促進する働きの他、神経細胞の細胞膜を形成する材料となる栄養素)はビタミンB群に含まれる天然ビタミンで、肝臓に脂肪がたまるのを防止します。

②     エルゴステロール(紫外線に当たるとビタミンDに変化します。ガン細胞が新しい血管を使って増殖する事を阻害する働きがある栄養素)はビタミンDの前駆物質で、紫外線を当てるとビタミンDに変化します。

このビタミンDは骨粗鬆症の予防には欠かせないもので、女性は特に積極的に摂って頂きたい成分です。

③    その他

①鉄分(赤血球の製造に必要な栄養素)

②カルシウム(骨や歯の形成に必要な栄養素)

③マグネシウム(骨や歯の形成や多くの体内酵素の正常な働きと、エネルギー産生を

助けるとともに、血液循環を正常に保つ為に必要な栄養素)

④亜鉛(味覚を正常に保つ働きの他、皮膚や粘膜の健康維持や、タンパク質・核酸の

代謝に関与し、健康促進に役立つ栄養素)

Ⅳチャーガの効果

①     抗酸化作用

活性酸素という言葉を一度は耳にした事があると思います。

最近の研究では病原菌以外の病気の9割はこの活性酸素が原因と言われるほどです。ガ

ンをはじめ心筋梗塞・脳血管障害・動脈硬化・糖尿病などの生活習慣病、肝炎・痴呆・

シワ・シミ・吹き出物などの肌のトラブルさえも活性酸素が関与しています。活性酸素

は常に体内で発生していますが、さらに大気汚染、化学物質、食品添加物、ストレスな

どにより、多くの活性酸素が体内で発生すると言われています。

現代人は常に活性酸素の危険にさらされているのです。

本来人間の体内には抗酸化物質が備わっていて、活性酸素を除去し、活性酸素の害から

体を守っています。

この抗酸化物質の代表的なものがSOD(スーパー・オキシド・ディムスターゼ)という

酵素です。

このSODの量には個人差があり、SODの力は年齢とともに弱まっていきます。

※チャーガにはホウレン草の250倍・野菜ジュースの175倍・アガリクスの23倍の抗酸化力があります。

一般的にキノコ類には、SODのような働きをするものが多いのですが、チャーガにはSOD活性が非常に高いことが確認されています。

②     抗腫瘍作用

チャーガには、水溶性多糖類と不水溶性多糖類の両方が含まれていますが、そのいずれ

にも抗腫瘍活性が認められています。

ロシアではチャーガの抽出液から作られたベフンギンという抗ガン剤が正式な薬と

して国に認可されています。

③     免疫力増強

人間の体内には細菌やウイルスなどの外敵や悪い細胞が発生すると、それを攻撃して体

を守ろうとする免疫機構が備わっています。

カテゴリー: チャーガ(樺のアナ茸), 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。